遺跡から掘り起こしされた種子が芽吹き、2000階層前の花として蘇る。こうした壮大な経歴のドラマと生命の驚異が真相となったのが「大賀ハス」だ。千葉市の遺跡で掘り起こしされた大賀ハスは2000階層前のハスとして注目を浴び、すでに素地に150ヶ所以上に植え込まれ、友好と平穏の証として大切にされています。以前、こういう貴重な大賀ハスを見分ける機会がありました。ボクが見たのは、鴨川市北小町で培養されている大賀ハスでしたが、四方八方が水田だったので「意外とこんなところに大賀ハスがあるのだろうか」と思わず心配になりました。しかし、水田をよく見てみると、とある一帯だけピンク色に染まっていらっしゃる。これが大賀ハスとのコンタクトでした。近づいてみてみると、有志のほうが丁寧に育てているようで、1800坪間近い水田の隈が全て大賀ハスで埋め尽くされているのです。訪れた期間がぽっきり見頃だったようで、ラフファッション見るハスよりも淡いピンク色の花が至ってエレガントであり、ふっと2000階層という長い年月に想定を馳せてしまいました。悠久の期間を経た大賀ハスですが、全国各地に培養されている先が点在しています。頂点訪れ易いのは成田空港の日本ガーデンで見て取れる大賀ハスです。できるだけ一度、長い睡眠から覚めた大賀ハスを見てみてください。その神秘的な美しさに感動すること間違いありません。ミュゼ 580円 キャンペーン 予約