声の行渡り手法や声の行き渡る速さについて練習

調音などについて学校しました。調音は、雰囲気や物体を通して伝わります(真空中では伝わらない)。太鼓の近くにろうそくを据え置くと、お日様の調音による雰囲気の動きはろうそくの炎をゆらします。最初に太鼓にほど近い人の炎がゆれます。調音さから起こる調音は、はやりのように伝わります。調音さの調音の聞こえ人は、雰囲気の動きが伝わって動きが鼓膜に達します。次は、調音の通じる速さについてだ。最初は瓦斯だ。雰囲気(ドライ)の速さは331.45(m/秒)だ。蒸気の速さは404.8(m/秒)だ。ヘリウムの速さは970(m/秒)だ。次は液体だ。水は1500(m/秒)だ。海水(塩気3%)の速さは1513(m/秒)だ。エタノールの速さは1207(m/秒)だ。次は固体だ。氷の速さは3200(m/秒)だ。窓ガラスの速さは5440(m/秒)だ。コンクリートの速さは4250〜5250(m/秒)だ。音速は気温によって変わります。知らないことを学べて良かったです。キレイモ 9500円 無料