ひめごとははなぞのの第四巻の続きを読みました。

第20、21おしゃべりを読みました。
主人公の情愛が一先ず亭主の櫻井のうちに泊まりたいと、次男にお願いしていました。
どうも情愛は櫻井のうちにいるレクリエーションをやりたいみたいです。
情愛は一先ず女児なので兄達は駄目だと言っているのですが、情愛はなぜ貧弱のか分かってないみたいです。
次男は情愛があまりにも駄々を縁故るので、ふと情愛をビンタしてしまいました。
そのあとは情愛は泣きながらルームへ行ってしまうし、叩いてしまった次男は落ち込んでいるしで、明日また理解し合うことにしたみたいです。
午前起きてみればルームに情愛は居ませんでした。
脱走したみたいです。
その頃、情愛は櫻井のうちに来てました。
チャイムを押して待っていたら、酷い響がしました。
鍵がかかっていなかったシャッターを開けたら、シャッターで櫻井が倒れていました。
どうも感冒をひいて動けないみたいです。
看病することにした情愛は薬局に行っているものを取り揃えたり、上級に行って大根とプリンを買ってきました。
プリンを食べさせて薬を飲ませるまでは良かったのですが、大根がどうも情愛には重流れるみたいで落としてしまいました。
実質その響で起きてしまった櫻井に大根を切ってもらって、ハチミツ漬けを作ってました。
布団で寝ている櫻井を見て、眠たくなったのか布団に念頭突っ込んで寝てしまいました。
実質起きた櫻井に布団に入れてもらって、一緒に寝てしまいましたよ。
その頃兄達は何となくマンホールを覗いて情愛を探していましたよ。
情愛は小学校に言えるみたいですね。
確かに外見ちっちゃいので櫻井もさっと悩んでましたね。
あたいはロリコンなのかと、そんなこと考えながらバス入って、感冒引いたみたいです。
あと少し次男の学生時代のおしゃべりがありました。
ここで第四巻は終わりだ。
全体的には面白かっただ。
兄達は情愛を探し出してるまっ最中なので、どうなるのか続きが気になります。ミュゼ100円キャンペーン